福岡県大牟田市 引越し料金が安い業者を見つけるには

大牟田市内の引っ越し経験者の体験談

2016年6月頭に一軒家を購入したので引っ越しをしました。

 

夫婦+子1人の3人家族で、引っ越す前は3階建ての2LDKのアパートに住んでいました。引っ越し先は4LDKの一軒家です。アパートは新築でとても住みやすく気に入っていました。しかし家賃が安くはなかったので勿体無く感じ、後々家を買うのなら早い方がいいよねとなったのが家を買った経緯です。

 

引越し業者にお願いしようと思ったのですが、家具も少なく自分たちで運べそうだったので頼みませんでした。

 

引越しが完了したのは6月頭ですが、5月20日あたりから新居に住むことが可能で、アパートにも5月いっぱい住んでいてよかったので、ダブっている10日間を利用して少しずつ物を運びました。福岡県大牟田市内での引越しだったので自分たちだけで簡単に運べました。

 

福岡県内・県外引越し 安い業者見積り比較なら一括見積もり!

 

福岡県大牟田市

福岡県大牟田市は、福岡県の最南端に位置する市です。大牟田市の人口は約12万人で、隣接自治体にみやま市、熊本県では荒尾市、南関町と隣接しています。1889年での、大牟田、下里、稲荷、横須の4村が合併して大牟田町が発足しました。

 

大牟田市は、福岡県内の自治体で5番目に人口が多く保健所政令市の一つでもあります。大牟田市はかつては、三井三池炭鉱の石炭資源を背景に石炭化学工業で栄え、1959年には人口も20万人を有していましたが、エネルギー革命により石炭化学工業は衰退してしまいました。現在では、立地条件を活かして、大牟田テクノパークへの企業誘致などに力を入れています。
大牟田市は南隣にある、荒尾市と共に三池炭鉱の町として栄えてきた歴史もあり、現在でも経済的な繋がりが大きいです。県境をまたいで市街地が連続しており、一体化した人口集中地区を形成しています。
通勤・通学で大牟田市から荒尾市へ、荒尾市から大牟田市へと移動する人もたくさんいるほどです。またこういった民間レベルだけでなく自治体間の関係も深いみたいです。

 

福岡県内・県外引越し 安い業者見積り比較なら一括見積もり!

 

 

自分にとって最適な引越し相場を把握しようとする為には、多くの引越し業者に頼んで見積もりを取り寄せることが一番必要なことと言えるでしょう。よって始めから「面倒だ!」なんていう風に後ろ向きにならないでくださいね。通常、荷物数により作業員の人数とか車両・トラックの大小が異なりますし、運送距離が増えれば、より作業にかかる時間も増えますので、引っ越し料金も比例して割高になるはずです。ウェブの一括見積もりサイトで提示された見積もりはほぼおおよその額と思うようにしましょう。直接自宅訪問で正確な見積りをとった所、ネットと比較して引っ越し料金が大分上がったといった話は度々起こりえることです。いざ引越する際には、様々な前提条件かつ代金を詳しく知り尽くしている「プロの人間」にダイレクトに正しい引越し見積もりを計算してもらう方が、結論として一番おトクであります。今後引っ越しを考え中の人が最初に気にかかるのが、一体どこの引っ越し業者に頼めば不安なくスムーズに引っ越しが行えるのかというところだと思います。

 

TOPへ